栃木県下野市 飯田レイ子のいいだヨーガ教室

栃木県下野市 飯田レイ子によるヨーガ教室 1988年開校以来延べ2000名以上が受講
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
 
「呼吸は、自分の内面を写し出す鏡」

皆さんもお気づきと思いますが、「呼吸というのは、自分の内面を写し出す鏡」になっていますよね。
その人のココロの状態、カラダの状態は、かならず「息づかい」に現れます。
コンディションが安定している人は、呼吸も深く穏やかに安定しますし、
コンディションが不安定になると、いつの間にか呼吸が浅かったり、息が詰まったりします。
自分の内面が、無意識のうちに呼吸を通じて外面に現れるわけです。

一方で、呼吸の仕方、つまり「息づかい」を意識的に変えることで気持ちをリラックスさせたり、怒りや不安感を取り除いたり、カラダの不調を改善することができます。
無意識で、誰でもできるのが「呼吸」でして、それを意識的にコントロールして行なうのがヨーガで練習する「呼吸法」です。

呼吸というのは、自分の内面を写し出す鏡ですが、一方人の顔の表情もその人の性格や生き方、を表していると思いませんか?
性格が柔和な人は、顔も優しそうですし、ガンコな人は、顔もガンコっぽいですよね
その人の性格や生き方が、無意識のうちに現れているのが顔や表情・・・つまり「人相」であります。
でも、顔や表情って意識的に変えることができますよね。
昨日のブログで紹介した、不幸を感じたら、笑う。
無理矢理でも、口角を上げ、笑った表情をする。作り笑いでOK。

無意識にしているのが「呼吸」で、意識的にしているのが「呼吸法」という話をしました。
人の顔や表情にも、似たようなことが言えて、無意識のうちに出てくるのが「人相」で、それを意識的にコントロールしてハッピー人相にしていく練習がヨーガの訓練だとこの頃思います。

自分の感情をいつも感じてあげて、自分が一番幸せな呼吸法や人相に意識して変えていく。
スポンサーサイト
- | 17:56 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://iidayoga.jugem.jp/trackback/122
 

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"